あなたの問題解決

今お困りのことはどのようなことでしょうか?皆様からの課題にお答えしております。解決策がない場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

役所から大気汚染防止法に関しての調査票が届いたのですが、何を書けばよいでしょうか?

弊社の実施した調査内容に関わるものでしたら、書き込む内容・記入方法について、アドバイスが可能です。 その他の内容にについてもお気軽に御相談ください。
詳細はばい煙測定を御参照ください。

排水の分析を行いたいのですが、内容と費用を教えて下さい。

排水の分析は、水質汚濁防止法によって、分析する項目や排水基準が決められています。 また、個々の事業場(特定事業場)によって使用材料・設備・排出量が違い、分析項目・基準が異なりますので、まずは御相談下さい。 費用については、分析項目によって異なりますので、詳細の項目がおわかりの場合は、ご指示ください。 ご不明の場合は、業務内容を御提供していただければ、わかりやすく御説明致します。
詳細は環境水・排水・その他水質調査を御参照ください。

周辺の住民から「工事の音がうるさい」との苦情が来たのですが、どうしたらよいでしょうか?

工場内の製造過程では、特に騒音が発生しやすく、地域住民の方だけでなく、現場での作業員も体調をくずすことがあります。 その場合、弊社が、敷地境界で規制基準に適合しているかを調べたり、職場での等価騒音測定(作業環境測定)を行い、現状を把握することをお勧めします。 また、騒音を低減するためのアドバイスもいたしますのでお気軽に御相談下さい。
詳細は騒音調査及び交通量調査を参照ください。

周辺の住民から「工事内からのにおいが気になる」との苦情が来たのですが、どうしたらよいでしょうか?

騒音と同じくよくくる質問です。不快な匂いは生活環境を損ない、主に感覚的、 心理的な被害を与えるものであり早めの調査をお勧めします。 においについても敷地境界での規制基準や悪臭防止法による特定悪臭物質の規制がありますので、お気軽に御相談下さい。
詳細は悪臭・官能調査を参照ください。

ISO14000の取得を検討しているのですが、環境に関わる調査はどこまでやればいいのでしょうか?

自主的に管理基準を設定する場合、事業内容に対して、関係する法令の遵守が求められます。弊社では、豊富な経験により適切なフォローをお約束します。 まずは、お気軽に御相談下さい。

林地開発申請を予定しており、役所に提出する計画書に「貴重種の有無を記載すること」とあるのですが、具体的に何を書けばよろしいでしょうか?

貴重種の有無については、ただ単に「いない」「いる」と記入するだけでは、ダメです。役所からその理由や説明を求められます。 まずは、過去に開発区域内について生物の記録が載った資料があるかどうか調べてください。資料があれば、それに貴重種の記載があるかどうか?いつの記録なのか?の確認が必要です。わからないようであれば、お気軽に御相談下さい。 また、生物の記録資料がないようであれば、現地での確認が必要となります。弊社では専門スタッフが常駐してますので、まずは御相談下さい。
詳細は林地開発申請フローを御参照ください。
詳細は動植物調査を参照ください。

アスベスト含有検査が必要なのか。また費用と期間はどのくらいなのか?教えて下さい。

大気汚染に関して国民の健康を保護するとともに生活環境を保全するために、 大気汚染防止法が定められています。とくにアスベストの繊維は肉眼では小さくて見えず、形が針のような繊維状の物質なので、 じん肺に著しい肺機能障害を起こさせるため、この法律を遵守しなければなりません。 まずは、本当にアスベストなのか?すぐに検査をしましょう。 現地採取から報告まで約1週間で提供します。費用は、現場状況、検体数、報告内容によって異なりますが、 1検体4万〜8万円くらいかかると思ってください。
詳細はアスベスト調査を御参照ください。

お電話お問い合わせ メールでお問い合わせ